車検

改造車の車検はどうする

投稿日:

保安基準のもとに行われる車検ですが、この保安基準というものは年々変更が加えられてきており、車検の検査項目や検査の基準、検査方法なども変化してきています。

特に最近は車検の上で大きな壁となっている排気系と全高の変化にかかわる項目が緩和され、オーナーも車を改造して楽しむことが非常に楽になりました。

一昔前であれば、全高、いわゆる車高は、バネの経年変化以外に理由で変化ある場合はもちろん再検査となりますし、排気系もたとえノーマルマフラーより静かなマフラーであってもノーマルから交換されているのであれば、それもすべて再検査項目となってしまっていたのです。

しかし、最近は、外形寸法から飛び出さず、角も丸められているもの、そして、JASMAなどの正式な機関によって排気音量や形状などが認められているものであれば、交換されても車検には全く支障はありません。

全高にしても、最低地上高である90mmを下回らないものであれば基本的にはどんな足回りとしてもよいようになりました。

ただ、このようなライトチューン程度のものであれば一般的なディーラー車検などでも大丈夫なのですが、それ以上の外形寸法ギリギリのドレスアップや、ほとんどパーツが交換されているようなチューンドカーだと、たとえそれが保安基準内だとしても一般的な車検ではその部分の変更を求められることが多くなります。

チューニングカーは、保安基準の細かいところまで見てくれるチューニングカー専門の自動車修理工場で車検を行うことをおすすめします。

-車検

Copyright© 車検まるわかりガイド , 2018 All Rights Reserved.