費用

費用は何の違い?

投稿日:

車検は、新車を販売する新車ディーラーだけが行うものではなく、車検専門の修理工場や、個人が経営する自動車修理工場、ガソリンスタンド、自分で行うユーザー車検など、車検を受けるのにたくさんの選択肢があります。

車検としての検査項目はどんな形態で車検を受けたとしても全く変わらず、方法によってある部分が免除されるようなことはありません。

しかし、同じ検査項目で車検を受けるのに、車検を受けるところによって大きく費用が変ってしますのです。

同じ検査なら、出来るだけ安い費用で行ってくれることにこしたことはありませんが、これには車検そのものよりも他の部分で大きな差が生まれるからなのです。

車検にかかる費用というのは実際の検査費用である自動車検査登録印紙代金と次の車検まで有効な自賠責保険料、そして自動車の重量によってきめられる重量税というものがかかります。

東京に住んでいて1.5トンクラスの車を持っている方ではこれだけで約7万円ぐらいかかりますが、この金額は整備工場の種類によって数百円違うだけで、基本的にはどこの場所でやっても同じ金額となります。

ではどこで差額が生まれるかというとそれは車検前整備費用なのです。

その車が車検に引っかからないように点検整備するためにかかる費用で、いわゆる定期点検と同じように整備工場側に支払われる費用なのです。

この費用が比較的高いのがディーラー車検、一番安いのが自分で行うユーザー車検といわれています。

-費用

Copyright© 車検まるわかりガイド , 2018 All Rights Reserved.