意外なところにある自動車修理工場

普段あまり気にすることが無いような小さな町の自動車修理工場でも車検を行っているところがあります。

街の自動車修理工場で車検を受けるといっても、国から認定を受けてその工場内に車検の検査員が常駐する認定工場や、いわゆる「車検代行」といわれる車検に向けての整備などを自分の整備工場で行い、実際の検査は該当する車検場に持ち込んで検査を受けるというところもありますが、やっぱり安心できるのは認定工場として検査官が常駐しているところでしょう。

何よりも短時間で行えるのが大きなメリットです。

最近ではいろいろなところで「ワンデー・車検」とか「1時間車検」などと銘打って、車を朝に預けて、どこか遊びに行って、その帰りに車を引き取るという形で車検を受けることができるようになりましたが、これができるのが自分のところに認定検査官がいるところだけです。

車検代行を行っている場合では、整備に1日、車検場に持ち込んで1日と最低でも2日はかかります。

更に、車検場は、お役所なので土・日曜はお休みですので、その日に検査を受けることができないのです。

最近はほとんどが認定工場となっているので、車検代行という形をとっているところは少なくなりましたが、初めてその自動車修理工場で車検をお願いするときには、必ず確認しておきましょう。

ページトップへ